マインドフルネス 大阪でセミナー(講座)開催&無料メルマガ&コンサルティング

マインドフルネスを大阪から日本へ拡げる!セミナー(講座)&無料メルマガ&コンサルティングを通して日本中に自由自在、ストレスフリーな生き方を提唱します。

テロメアを伸ばす方法にマインドフルネスが有効な可能性が

応援クリック募集中♪

 

日々ブログを更新していますので、お読み頂いた際には、応援クリックをお願いします♪

↓ ↓

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

 

人間の寿命を決めると言われている「テロメア」ですが、細胞分裂をすればするほど短くなり、短くなればなるほど寿命が短くなる・・

ここまでは、研究でわかっている事なんですが、出来るだけ寿命を伸ばしたい!という場合に、テロメア細胞分裂を抑える事が必要です。

 

ノーベル医学生理学賞を受賞したアメリカの分子生物学者エリザベスブラックバーン博士の本で、テロメアが寿命を決める事について書かれているのですが、テロメアはギリギリ短くなるまで数百回に渡り細胞分裂を繰り返すそうです。

そして、細胞分裂が行われなくなるまで短くなると古い細胞が生き残り、新しい細胞が作られない現象が起きるそうで、これを「老化」と呼ぶそうです。

 

老化=寿命を決めるとすれば、細胞分裂を繰り返し、テロメアが短くなるスピードを遅らす事が出来れば寿命は伸びるという事になるのです。

 

また、テロメアが長い人は、短い人に比べて病気になりにくい研究結果も出ていて、愛知県がんセンター研究所の松尾恵太郎先生によるとリスクで3~4倍低い事もわかっているんだそうです。

 

さらに!

千葉大学大学院教授の横手幸太郎先生によると動脈硬化で死亡する方、国立長寿医療研究センターの遠藤英俊先生によると脳機能や海馬が萎縮する方、両方に共通するのは「テロメアが短い」という結果が出ているんだとか。

 

つまり・・

テロメアが長い、伸ばす事が出来れば、健康でいられる可能性が高まる、つまり長生きできる可能性が高まる。

という事です。

 

f:id:mindfulness_osaka:20171101110129j:plain

 

癌、動脈硬化心筋梗塞認知症の予防にも繋がる可能性があるテロメアですが、どうすれば長く保つ事が出来るのでしょうか?

 

まず、その1つの要因として考えられているのが、「ストレス」です。

ネガティブな思考も含めて、ストレスはテロメアを短くするという実験結果も出ています。

 

実際の実験では、

「いきなりですが、この場で5分間スピーチをしてもらいます」という一つ目の実験。

これで「今」に対するストレスをチェックしたのと、面接に対して想像したり「未来」に対するストレスをチェックしました。

 

この実験では、

「今」受けるストレスに対しても、また起きてもいない「未来」に対してのストレスに対しても、両方ともテロメアを短くする事が分かっています。

 

いずれのストレスについても、ネガティブな思考と合わせて、寿命を縮める行為であるわけです。

 

そこで、マインドフルネスの登場・・

になるわけですが、マインドフルネスは「今ここ」に集中し瞑想状態に入る事で、悩みやネガティブな思考にアクセスしにくい状況を作ります。

 

また、実験結果でもマインドフルネスを通してテロメアを伸ばすタンパク質を分泌する事も期待出来るようです。

 

そのような実験結果のような事が身体に起きている事は、私自身はあまり感じてはいないのですが・・

 

マインドフルネスを日々行う中で、無駄に未来の事を不安に感じたりしなくなりましたし、今ここで生きている実感、感謝というものを感じやすくなってきました。

その点では、マインドフルネスはとても有意義なルーチンなのかな??と感じていますので、是非取り入れて頂ければと思います。

 

マインドフルネスの具体的なやり方は、

www.mindfulness-osaka.com

こちらで説明させて頂いています。

 

また、マインドフルネスの効果については、

www.mindfulness-osaka.com

こちらで開設していますので、参考にして頂けると幸いです。

 

応援クリック募集中♪

 

日々ブログを更新していますので、お読み頂いた際には、応援クリックをお願いします♪

↓ ↓

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ